新宿メロドラマ

安っぽいヒューマニズムは要らない。高いのを持ってこい。

まどのせさんにお薦めする本。

「ゲーム脳」というのは何だろうねという話だが、それは恐らく、 「ストーリーや設定、『想定された遊び方』にかかわらず、あらゆるミッションをアルゴリズムと反応速度の問題へ還元することで純粋に勝利だけを目的化する態度」 といったあたりで及第点だろ…

思い出・アズ・ナンバーワン。

1番のバスに乗ってハーバード・スクウェアへ行く。自宅からは15分程度だ。 キャリアとしては無限の彼方にあるハーバードは、物理的にはこの程度の距離にまで近付いた。MITに至ってはそのさらに手前だ。 「俺にとってMITは通過点に過ぎない」 つぶやいてみた…

この物語の結末をあなたに教える。

いわゆるネタバレに怒る人々にどうこう云うつもりはない。ただ私はネタバレを気にしない。 自分がネタをバラされるのも気にしないし、ひとにネタをバラさないよう気を付けるつもりもない。 怒るのがあなたの主義なら、気にしないのが私の主義だ。 正義につい…

爆発する俺のノワール。海を渡るハードカレンシーはふたたびネットに戻る夢を見るか。

とんでもない事件が起きたので、昨夜から激しく妄想を繰り広げている。 以下、このエントリはすべて僕の妄想であり、僕には事件を批評しようというつもりも、犯人を推定しようというつもりも、事件を肯定したり賛美したりしようというつもりもないことを念の…

俺たちには、働くしかないということ。

三十代もなかばを過ぎた人間が、やりがいだけに駆られて仕事をするなどというのは無上の贅沢というほかない。 カネも家族も、社会的意義も信仰も一切関係のない仕事に取り組んで一ヶ月になる。知人からの連絡は絶えた。 だが、遠足前症候群とならび試験前症…

すべての昼と夜と、ジェフの見た夢。

今回もホーチミンシティ・東京出張が終わる。 前回はいろいろと思うところもあるタイミングだったため、東京では宿をとった歌舞伎町への思いがたぎり、某腐れSNSで昔語りを延々と連投した。 恥ずかしいのは恥ずかしいが、もう許されていい歳だと思う。 もし…

「統合失調症の石田(仮名)」について。

僕は健常者も障がい者も、法定の話を離れれば、部分的に相対的な存在でしかないと考えているが、だからといってもちろん僕が自分のことを「どっちかといえば障がい者みたいなもんだ」などということは許されない。 相対的にいって、充分に恵まれた心身の状態…

いまからお前の生存戦略を告げる。

「社会はどのようにして若者を洗脳するのでしょうか?」 ー 日本の場合は給料を低く抑えることで。 ask.fm 説明が足らなかった。 日本の社会が若者の給料を低く抑える狙いは主にふたつあるとにらんでいる。 ひとつは、若いうちに充分な対価を与えないことで…

これはヘッドンホホの宣伝です。

さて、7泊9日の東京 - ホーチミンシティ出張を終えてボストンに戻った。 前回3月の出張では、8泊11日という完全に日数と泊数の帳尻があわない日程を組んで、終盤香港あたりで蒸発してしまいそうになったため、今回はより短い日程とはいえレッドアイを避け、…

ボンネットを開けて煙を吐き出していたベンツの、あのときとそれから。

「号泣マシーン」という、いい加減なバンドがあった。 曲を作っていたのは、僕。 僕はギターの練習をするのが嫌いなので、ほぼ全曲がスリー・コードの進行で、たまに最初から最後まで全部Aしかないというような曲まであった。 それは曲なのか、という問いを…

懺悔録。寿司折りと僕たちの、行方。

わけあって、ブログを書くのを休んでいる。 「休んでいる」って、おまえ基本休んでるじゃねぇかという突っ込みを、昼夜なしにくれるタイプが好きだ。男女を問わない。 それで、「お休みしています」ということをFacebookで表明した刹那のことだが、こんなブ…

ケニーと俺と、ときどきオンナ。

今年もケニーの誕生日が過ぎた。 でもこの1月に、ケニーはもう歳をとることをやめた。 むかしは「友達」といえば、毎日顔を突き合わせている仲間のことだった。 どんなに仲のいいヤツだって、親の都合で引っ越していけば次の日からは連絡もとらないし、二度…

嘘つきどもの挽歌。上手な明日の殺し方。

「事実を先に述べます。 私はニューヨーク支店の米国債取引で約十一億ドルの損失を出しております。」 1995年7月、1通の「告白文」が東京にいる大和銀行の頭取へ衝撃を届けた。 「大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件」の発覚である。 告白 (文春文庫) 作…

経歴詐称のご報告とお詫び。

経歴詐称って、程度問題でいうとみんなそれなりにやってますよね。 最近で笑ったのは米共和党の大統領予備選に出馬した元神経外科医のベン・カーソン。 自伝で「俺もデトロイトの少年時代は荒ぶってた」みたいなことを書いたらしいけど、記者が調査したら当…

「諸君、私は暴落が好きだ」。

諸君 私は暴落が好きだ 諸君 私は暴落が好きだ 諸君 私は暴落が好きだ 株安が好きだ 債券安が好きだ 通貨安が好きだ 原油安が好きだ トリプル安が好きだ ストップ安が好きだ 連日安が好きだ 全面安が好きだ 引け安が好きだ 東証で NY証で ロンドンで 上海で …

ロスト・イン・トランスポーテーション。この街がまだデジタルだった頃。

英会話教室と銘打った、非道な割賦ビジネス。 あるときグループレッスンで、英語がうまいだけのアメリカ人講師が「あなたはこの夏休み、何をしていましたか?」と尋ねたところ、OL風の若い女性が答えたという。 “I was tripping in London.”(私はロンドンで…

フルローンで自宅を購った不動産屋は云った。「借金も財産ですから」。

コンビニで煙草を買おうとしたら年齢を確認されて「俺が19歳に見えるのか!」と云ってキレたとか、マクドナルドでハンバーガー40個をオーダーしたら「店内でお召しあがりですか?」と訊かれて「状況判断できないのか!」とキレたとか、ほんと世の中にはいろ…

嘘と、沈黙。

あなたのなかでNetflixをめぐる熱狂はもう落ち着いただろうか。 米Netflixでは、完全に滑ったシーズン3の後を追う“House of Cards” シーズン4が公開中だ。世は実際に米大統領予備選のクライマックスだから、まことショービズのお上手なことと舌を巻くほかな…

ドゥ・ザ・ライト・シング。丸山議員の発言に触れて思うこと。

あまりにもブログを更新していないので、さすがにヤバいと考えてキャラクター外の記事を書く。 ボストン生活が好調だ。 東京から台北・那覇・大阪と出張を重ねたあげく、広島で最終の新幹線を逃して駅前のホテルに宿泊、翌日5時の始発で大阪のホテルを引き払…

HCMC RUN 2016反省会。

世界を憂うファッション系ブログにはふさわしくない話題になるが、「HCMC RUN 2016」(俗称:ホーチミンシティマラソン、ただし少なくとも今年までフルマラソンは設定されていない)を振り返る。 後述のとおり、蓋をあければ多くの日本人が参加していたわけ…

【後編】Mike Hearnのビットコインお別れブログを邦訳してみる。

思いがけずシェアしていただいて、ブクマがついたことに勢いづいて、後半まで訳し終わった。 事実関係については明るくありませんので評価を控えますが、なかなかショッキングなコミュニティ内部の分裂の模様が報告されています。 最後のパラグラフに込めら…

【前編】Mike Hearnのビットコインお別れブログを邦訳してみる。

私のオビ=ワン・ケノービこと大石哲之さんがTwitterでシェアしていたMike Hearnのビットコインお別れブログ。 ビットコインのコアデベロッパーのマイクハーンが、ビットコインは失敗したとしてコア開発者を離脱。「コミニティが失敗している」と書いてます…

総統閣下は当時、凋落の途上にあったようです。

ヒトラーは、どのようにして政権を手に入れたかについての典型的な誤りは、「熱狂的な大衆に支持され、普通選挙で勝利した」というものだ。 以下のエピソードが世界的に問題化したことも記憶に新しい。 二〇一三年七月、麻生太郎元首相が、ヒトラーは一九三…

経営者ブログ。

弊ブログではすでにご報告とお詫びを申し上げたわけだが、昨年私は50冊読破の目標を達成できなかった。 最終的には49冊目に綿矢りさの「しょうがの味は熱い」という、のんきな小説を読み終わり、50冊目を読んでいる途中で年を越したが、私の読書メモにおける…

2015年ぼく「中国景気は最後の上り坂。世界経済は米国景気の回復に伴い...」→2016年ぼく「ぷいきゅあがんばえー!」

はじめに 投資家(俺)の皆さま、新年明けましておめでとうございます。 いまだ霧の晴れぬ世界経済、9.11後をうわまわる規模に発展しつつある「テロとの戦い」や各国にみられる排外主義の高まりなど、不安の尽きぬ年明けとなりましたが、皆さまには今年も大…

青い'90年代の香り。記憶の断片小説。

むかし「モバイル広告事業部長」として鳴らした若造がいて、当時はまだ25歳ぐらいだったが、 「無人島へなにかひとつ持ってくとしたら、何もってく?」という質問に 「Googleの検索窓ですね!」となめた返事をしており、こいつはまだまだ世間の厳しさを知ら…

金「金と!」ドル「ドルの!」金・ドル「金融大戦争!!」。

FRBはついに2015年内の利上げを果たした。 いまやマクロ経済における役割を「シャーマン」と称される中央銀行総裁にとって、金融政策の失敗より恐ろしいのは市場へのメッセージが一顧だにされなくなることだ。 このためには金融政策の先行きについて、あらか…

殺戮の入り江。バックシートの男は第三次世界大戦のコンサルタントを目指してる。

アメリカは西海岸で武者修行をしている知人。 「会社を辞めたヤツが、次の仕事を見つけるまでのあいだ、個人で請け負った仕事をするためにコワーキングスペースを使っているケースが多いですね。みんな2, 3ヶ月で仕事が決まって、いなくなっちゃいますよ。こ…

海外事情とこの国のシナリオ。スパイにハッピーエンドはない。

おかげさまで12月も残り少ないので、引き続き駆け足にて今年読んだ本を振り返っていく。 TPPが大枠合意にいたり、不安がる国民に向けて「TPP断固阻止!」を叫んでついにブレイクを果たした堤未果。 とかく現状維持のモメンタムが強い日本ではこの手の言説は…

サイコパスの発音はドンタコスの発音とも同じです。

硬派な文学で名をあげたいと願ったにもかかわらず、そちらはまったく売れないで、手すさびに書いた探偵ものが爆発的にヒットしてやめようにもやめられず、泣く泣く書き続けるうち、不本意にもその道で歴史に不動の名を残すハメになった作家が、僕の知る限り…